ヘッダー

チャネリングの正しい本当のやり方と占いとの違い

チャネリングとは、波動の赤い存在や自分のハイヤーマインドとつながりのある高い周波数にチャンネルを合わせて、自分に関する情報を得ることです。

波長を合わせる人のことをチャネラーといい、天使や神、女神などと意思の疎通ができる人を指します。

しかし最近ではセルフチャネリングも流行っているので、波長を合わせるスキルがある人全般を指すようになっています。

スピリチュアルの世界では、全ての物は一つのエネルギーの塊が波長を生えて存在している状態だという考え方があります。

赤外線や紫外線、音など科学的に波長があると証明されたものはたくさんあります。

科学では見えないものを波長で表そうとしますが、スピリチュアルは目に見えるものを含めた全てを波長と見なします。

チャネリングを電話占いでするとは、相手と繋がるということなので、手を繋いで相手の体温が分かるのと同じ感覚で、エネルギーの波長を繋げば相手のエネルギーの波長を知ることができます。

ダイレクトに相手と繋がるため、エネルギーの交流が無駄なく行われます。

一般的にエネルギーが多い人からエネルギーが少ない人に流れるので、神や天使など高次元の存在と繋がれば、そのエネルギーを分けてもらえます。

受け取ったエネルギーはチャネラーが自分の使いやすいように活用します。

例えば言葉で表現したり誰かにそのまま渡したり得意な扱い方があります。

エネルギーをもらうと、深い眠りから覚めたり人目をはばからず号泣したりした時のように、すっきりとした気分になります。

チャネリングのやり方には2種類あります。

電話占いにもあるまずトランスチャネリングです。

これは自分の意識をトランス状態にすることで、自分を肉体を持たない媒体として使います。

自分には意識がありませんが、周囲からその様子を見ることができます。

もう一つがコンシャスチャネリングです。

自分の意識を持ったまま繋がります。

よって自分が受け取ったメッセージははっきりと覚えています。

非常に難しい方法なので、一般には向いていません。

困った顔

チャネリングの意味と感情をコントロールするには

自分でチャネリングに挑戦するならば、無意識の状態で行うのがおすすめです。

まず誰にも邪魔をされない静かな部屋に入ります。

部屋は電話の音が聞こえず、テレビやラジオも置いていないことが大切です。

また時計も外して別の部屋に起きます。

電話や時計の音は耳に入って邪魔になり、テレビも電磁波の関係でエネルギーを乱す恐れがあります。

ヨガの蓮のポーズをとり、鼻から息を吸って口から吐き出します。

深呼吸を何回か繰り返すと自分の中でエネルギーがスムーズに曲がれ、ネガティブな感情を排除することができます。

ネガティブな感情は良い霊を遠ざけて悪い霊とのチャネリングを誘発します。

深呼吸が終わったら心の中を空っぽにします。

迷いやストレスを忘れて心を穏やかにすれば、メッセージを受け取れるオープンな状態になります。

チャネリングが上手くできない人は、この段階でつまずいてしまいます。

人間の心にはエゴが潜在的に存在するため、心を開放することができません。

普段から瞑想などを行うとエゴが立ち入ることのできない無意識の世界に到達できます。

心が空っぽになれば、実際に霊がメッセージを送るのでそれを受け取ります。

無意識の状態でメッセージを覚えることができないので、自動書記というやり方をします。

自動書記とは自分でペンを持っていると、霊によるメッセージを自動的に書き取ることです。

また電話占いでは霊が口を借りてメッセージを伝えるので、それを録音する方法もあります。

練習をして自分でチャネリングをする方法とは

チャネリングは練習を重ねると、トランス状態に入りやすくなって上達します。

注意点としては、チャネリングで悪い霊を引き寄せないように、お守りを身につけることです。

良い霊と繋がることができれば、自由な思考が生まれて自分の生き方を変えることができます。

世界では天才や奇才などと称された人も、無意識の中で得たイメージを上手く表現しています。

例えば芸術家のサルバドール・ダリです。

スペインで活躍したシュルレアリスムの代表的な画家です。

自分を堂々と天才と言っており、凡人には思いつくこともできない行動を数々残しています。

ダリは自分を表現するのにパワーをいくらでも消費できる人でした。

廃墟であった古い市営劇場を買い取って、自分で美術館を作ったこともあります。

1936年に制作した「茹でた隠元豆のある柔らかい構造」はスペイン内戦を予言した作品として知られており、自分でも賞賛していまいた。

チャネリングでは自分の周囲で起こることを予言できる力も与えられるため、多くの予言的な作品を残すことができました。

ダリの作品に現れる新しい才能は無意識の中に惹きつけられるものがあるので、より高次元のエネルギーと触れやすい体質になります。

この方法自体は超能力者など限定された人しかできないものではなく、全ての人が等しく持っている能力なので芸術などに触れることで精神を研ぎ澄まると表現力も向上します。

チャネリングという言葉を電話占いなどで聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

ヒーリング効果がチャネリングにはある?

チャネリングというのは特殊能力を使って霊的・精神的な世界と交流して、そこでわかったメッセージを依頼人に伝えるというものです。

そのような特殊能力を有する者のことをチャネラーといいます。

このチャネラーによって行なわれるチャネリングは方法がいくつかあります。

例えば憑依させることによる口述や自動筆記などで、電話占いでチャネリングを行なっている時はチャネラーがトランス状態に入っている場合もあれば意識もはっきりしている場合もあります。

またチャネリングで有名なのがアカシックレコードの存在です。

アカシックレコードは元始の時代から全てのことを記録し、高次元に存在しているといわれている記憶のことで、大きな図書室のようなものと表現されることもあります。

チャネラーの中でもこのアカシックレコードとつながって記録を見ることができるのはハイヤーセルフという高次の自分がいる人です。

特徴としてチャネリングは宗教に関係なくできるということがあります。

自分でできる方法というものもありますが、そちらに関しては一朝一夕ではできるものではなく、集中力を高めて瞑想をしたりと時間をかけて行なう必要があります。

では電話占いでも使われるチャネリングにはどんな効果があるのかということですが、高次元のメッセージを受け取ることによって自分を良い方向へと導くことができます。

メッセージをヒントにして行動を起こすことでネガティブだった人はポジティブに考えられるようになることも期待できます。

またヒーリング効果もあるといわれています。

このヒーリング効果があるからこそ、考え方がポジティブになって人生観まで変わったという方もいたりします。

リラックスし、本来の自分に必要なものを知ることができますから正しい意味で自分を変えることができるというわけです。

電話占いでのチャネリングのやり方とは?

またペットとの会話をすることも可能です。

現在はペットを家族同然にかわいがっている人が多く、ペットが亡くなってしまった時にペットロスになってしまうことがあります。

そういう時にもチャネリングを行なうことで亡くなったペットの気持ちを知ることはできますし、今生きているペットの気持ちを高次元を通して知ることもできます。

他にも人生で進路を迷った時、恋愛で相手の心を知りたいと思った時など大切な場面で正しい選択をしたいという時などにも良いです。

ただし気をつけなければいけないのはチャネリングを全くできていないのに適当なことを伝えてしまう偽者のチャネラーが電話占いには存在しているということです。

チャネリングをできていない場合にはよく観察していればすぐにわかります。

質問にきちんと答えられなかったり、はぐらかしたりとすることがあれば実は全く何もできていないということを疑ってみても良いでしょう。

チャネラーを選ぶ時には必ず質問などにも必ず答えてくれるような人を選んでおくのがコツです。

適当な嘘を伝えられて、それを信じてしまってはポジティブになるどころかネガティブになってしまう場合もあります。

悩んでいる時にチャネリングをしてもらうという人が多いですから、そういう心の弱みにつけこんでくる悪徳な者は十分に気をつけなければいけません。

そしてできれば個人セッションをしている人を選択することで細かなことも質問できますし、時間もきちんと配分して聞きたいことを聞きやすいです。

料金は保険適用など医療的なサポートがありませんので、チャネラーによって全く変わってきます。

事前にどれくらいの時間でいくらくらいかかるのかなどをチェックしておくほうが良いです。

また電話で問い合わせてみることで、その人がどのような対応を普段からする人かを判断しやすいです。

誰にでもあるチャネリングの能力とやり方

チャネリングとは神や死者、宇宙人などといった高次元の存在とコミュニケーションすること、またはその方法のことで、高次元の存在からエネルギーを受け取り、それを言語化や視覚化、聴覚化してメッセージに変換するという能力を持っている人のことをチャネラーと呼んでいます。

そのように、チャネリングに興味がある人や、チャネラーを目指す人を対象にして、チャネリング養成をするためや、チャネラーを育成するといったような講座が各地で多数開かれています。

受講料金が無料の所から、受講料を必要とする所など様々ですが、基本的には受講料を支払う必要がある場合、支払うことをきちんとすれば、誰でも受講することができる所が多いです。

一般的に、チャネリングは霊能力などの特別な能力が必要とされ、そのような能力は生まれつき備わっているもので、生まれついて備わっていない場合、またはそのようなことを少しも感じたことや経験したことがない場合にはチャネリングをすることはできない、チャネラーにはなれないと考えられています。

しかし、ほとんどの講座で最初に説いている事には、基本的に、チャネリングをする能力は誰にでも備わっているものであるが、ほとんどの人のチャネリングをするための能力には無意識下やエネルギーの関係により封印されているため、きっかけを与えることでその封印を解き、眠っている潜在能力を呼び起こすことができるとされています。

受講することにより、その能力が開花するためのきっかけを作るとされています。

講習を受ければチャネリングができるようになる?

受講する人の目的や目標には、知識を学び、能力を高めることだけではなく、最終的には、一人前のチャネラーとなり、チャネリングを行なう場を持つことでカウンセラーやセラピストになる、チャネリングを講師として人に教えるなどといったような職業にすることを考えている人が多くいます。

多くの講座では、学ぶだけではなく、このような人達を職業として生かせるためのサポートを行っています。

内容については、チャネラーが講師をしていることが多く、日本人だけではなく、有名とされている外国人のチャネラーが講師をする所もあります。

そのため、実際にチャネリングをしている人からの話を聞くことができる他、講座の全部の内容の中の半分以上が実習を取り入れている所が多くあります。

基礎として知識を学びます。

チャネリングに必要な肉体を整え、精神力を高め、能力を引き出し、実際に高次元の存在とのコミュニケーションを実践する、そのための技術や方法などを応用として学んでいくといった流れになります。

チャネリングを知ることや行うことに深く関係している「アカシックレコード」という言葉があります。

アカシックレコードとは?

アカシックレコードとは一つの概念なのですが、全宇宙の過去から未来まで全てのことが書かれた記録が貯蔵されている宇宙のデータバンクのようなものが宇宙の彼方に存在するとされています。

チャネラーはこのアカシックレコードにアクセスすることができ、それによって一般の人には察知することができない出来事がわかることができ、高次元の存在とコミュニケーションを取ることができると考えられています。

そのことはチャネラーには基本的な事とされているため、知識を学ぶことと共に、実際にアカシックレコードにアクセスを試みることを実習の一つとしている所も多くあります。

受講の期間や回数は様々で、1回から2回の講義で終了する所から、10回以上の講義を行う所もあります。

また、教え方も様々で、マンツーマン指導を行っている所が多くありますが、講師が有名なチャネラーの場合は希望する受講者が多くいるため、受講者の募集人数を制限している所もあります。

全体的には少人数制を行っている傾向にあります。

特徴としては、単にどのようなものか知りたいだけの人のためのものから、プロや独立を目指すための本格的なものまで、目的に沿った講座があるということです。

チャネラーとのコンタクトやメッセージのやり取り

昔は自分の体に憑依させて口述を行なったり、筆記でメッセージを伝えたりという方法がとられることが多かったのです。

最近ではチャネリングといえば高次元の存在とコンタクトをとってそこからメッセージを受け取るという方法がとられることが多いです。

高次元にはアカシックレコードというものが存在していて、そこには元始の時代からの様々な記憶が記録されています。

アカシックレコードはいうなれば記憶の本なのです。

そしてそこにアクセスしてメッセージを受け取ることができるのがチャネラーと呼ばれる存在です。

チャネラーの中には全く高次元とコンタクトをとれてもいないのにあたかもコンタクトできたかのようにメッセージを伝える悪徳な存在もいますから、そういう者には気をつけておきましょう。

チャネリングを行なっている人は大勢いますが、その中でも知られている存在としてエクトンがいます。

この存在というのはリチャード・ラビン氏がチャネリングをする際にコンタクトをとることができる非物質次元の個性のことです。

もともとラビン氏はカウンセラーとしてヒプノセラピーなどをしていましたが、ある日の友人による催眠の実習で突然エクトンがコンタクトをしてきました。

そして自らエクトンと呼んでほしいと言いました。

その日からラビン氏のチャネリングをする日々が始まったのです。

このエクトンにコンタクトした時に見える情報はビジュアル的なものを伝えたがっていれば夢のような映像で見ることができ、また言葉でも聞くことができます。

ラビン氏が行うチャネリングとは?

ラビン氏はチャネリングを行なう時にはできるだけ睡眠に近いような状態を保ち、余計なことを考えないようにした上でメッセージを受け取ります。

しかし何かあった時にはちゃんと戻ってくることができるようにという意識もきちんと持っています。

チャネリングでは必ずその個人に焦点をあてて行いますので、それまで自分が持っていた古い思い込みを解放して、その人が本来の生き方をできるようにサポートしてくれます。

ラビン氏は1988年から定期的に訪れていますが、年に1度だけという場合もありますのでセッションを受けたい場合にはスケジュールをチェックしておくほうが良いです。

電話によるカウンセリングを行なってもいます。

しかしアメリカやヨーロッパなどからも依頼があるため、なかなか予約をとることも大変です。

エクトンには欠かせないラビン氏

ラビン氏曰く、この非物質次元の個性という存在はまるで母親のように包み込み、非常に聡明で愛に基づいた伝達の仕方を行なっています。

そのため、どんな困難でも受け入れようとする人が多くいます。

このようにある日突然高次元の存在とチャネリングでコンタクトをとれるようになるというケースは極めて珍しく、ほとんどの場合は自らコンタクトをとるために集中力を高めたり瞑想をしたりして一種の修業のようなものをします。

コンタクトをとれるようになったとしてもそこに意識を集中させるということをコントロールしながらしないといけませんから、簡単にできることではありません。

ラビン氏とこのエクトンは普段はコミュニケーションをとることはなく、必要な時にそばにいて大切なことなどを伝えてくれます。

そしてセッションの時にもそばにいるわけですが、この時はセッションを受けている人達皆とコミュニケーションをとっていることになり、こちら側が情報などを受け取るだけではなく、高次元の存在自身もこちら側から情報を受け取り、知識などを増やしていっているといわれています。

ラビン氏はこの存在を友人のようなと表現しています。

コミュニケーションをスムーズにとれるようになるまでは紆余曲折あったとしてもチャネリングでも今では良いコンビとなっているのです。

神秘的なチャネリングが体験できる紫音の部屋

恋の悩み、進路の悩み、仕事の悩みなどのアドバイスが欲しくて占いを利用したことがある人も多いでしょう。

いろんな占いを受けてみたけどしっくりこない、求めていたアドバイスが得られない時、チャネリングを受けてみることをお勧めします。

チャネリングとは学問的、統計的データに基づく占いと違い、チャネラーと呼ばれるセラピストが高次の存在と繋がることで情報を受け取ることをいいます。

生年月日や出生地などから割り出した「傾向」で人を判断するのではなく、クライアントの存在そのものに対する唯一無二の情報とアドバイスが得られるのが魅力です。

チャネリングを受けるには、占いの館などに在籍していたり、個人でサロンを開業しているチャネラーにセッションを依頼することになります。

一口にチャネリングといっても、誰にお願いしても良いというものではありません。

高次の存在から得た情報は、チャネラーの心のフィルターを通して語られます。

紫音の部屋の口コミとは?

なのでそのフィルターが固定観念や偏った思考、我の強さで汚れていると、得られた情報も歪んだ形で伝わることになります。

常に中庸な思考を持ち、己を律することのできるチャネラーを選びましょう。

電話占いでのチャネリングは対面だけでなくメールで受けることもできますが、セラピストと直接会うことがないので、サロンのホームページなどでセラピストの人となりはしっかり確認したほうが良いでしょう。

チャネラーは様々な存在から情報を得ることができます。

例えば今口コミで人気のある「紫音の部屋」を主宰しているチャネラー紫音さんは、クライアントの守護天使とハイヤーセルフ、大天使といった3つの存在からチャネリングすることができます。

守護天使は文字通り自分をいつも守ってくれている存在なので、今の自分に必要なアドバイスを聞くことができるでしょう。

ハイヤーセルフは転生を重ねて未来の高次元の存在となった自分です。

なので自分が成長していくために必要な知恵を得ることができるでしょう。

また、大天使はチャネラー紫音さん自身のガイドです。

専門の勉強と精神的修養を積んだ紫音さんのガイドなので、思いもよらない切り口からの価値あるアドバイスが期待できます。

紫音さんのチャネリングはメールで行われます。

メールでも占える紫音の部屋

クライアントの相談メールにはその人のエネルギー情報が入っているので、それを読み取ってチャネラーはクライアントのことを知ります。

なので相談メールは、自分自身で真剣に気持ちを込めて書くことが大事です。

そうすることで精度の高いチャネリングを受けることができます。

チャネリングを受ける前に知っておいて欲しいのが、チャネリングを受ければ何でも求める答えが得られるというものではないということです。

高次の存在は知恵やアドバイスはくれますが、それは迷っていることに対する正解ではありません。

そもそも人生の選択に正しいも間違いもないのです。

高次の存在からのアドバイスはその人の魂の成長を促すものです。

それを今後の自分の人生にどう役立てていくかは自分次第であるということを知っておいて下さい。

そして電話占いでは厳しい言葉を言われることがあっても、それは高次の存在からの愛であることを忘れないで下さい。

チャネラーを選ぶ時は、きちんと専門の勉強をしたチャネラーを選ぶことが大事です。

紫音の部屋を利用する上での注意とは

我流のチャネラーは低次の存在とチャネリングしていることもあるので、注意が必要です。

また、チャネラー自身のスキルが大事なのはもちろんですが、自分との相性も同じくらい大事です。

評判が良いチャネラーが自分にも合っているというものではありません。

自分の感性を信頼してチャネラーは選びましょう。

そして、チャネリングの電話占いを体験すれば、今まで知らなかった新しい自分に出会うことができるでしょう。

そこから人生の新たな展開が生まれ、生活の好転に繋がっていく。

そんな神秘的な体験を是非一度味わってみてください。

このページの先頭へ