ヘッダー

話し相手がいないストレスや寂しさでうつになることも?

大人になるに従って、頻繁に会う仲の良い友達は減ってきます。

幼稚園や小学校からの幼馴染み、中学・高校の青春時代を一緒に過ごした仲間、大学で出会った本音で話ができた相手と言える友人なども、年齢とともに疎遠になるのは特別なことではありません。

進学や就職、結婚、子育てなど、自分のことや家族のことで一杯になり、30代や40代の主婦も昔からの友人関係は次第に薄れて孤独になっていきます。

学生時代からの友人関係が薄れても、話し相手が欲しい時にいないと感じることなく、その場合には職場や近所付き合いを上手くして、新たな友人関係をこれから築けるなら問題ありません。

よく相談されている内容とは?


主婦の女性は話をすることで気持ちが穏やかになれます

しかし、世の中には友人関係を築くのが上手い人ばかりではなく、職場で新しい友達との関係を作ることができず、寂しい孤独感を感じる人も多くいます。

たとえば、高校から大学に進学する際に地方から都会に出てくると、主婦は新しい環境に馴染めず友人をパート先ですぐには作れないことはよくあります。

恋愛や仕事の悩み相談ができる話し相手が欲しい

また、結婚を機に引っ越しをして、夫しか話し相手がいない主婦も少なくありません。

一緒に旅行に行くほどの友人や恋人関係ほどの深い出会いを望んでいなくても、話し相手すらいなくて悩んでいる人は電話占いにも数多くいます。

誰かに相談したい時に話し相手がいないと、職場や家族のちょっとした愚痴をこぼすこともできません。

些細なことでも主婦は話し相手がいるだけでスッキリできる

また、自分が好きなことを話せる相手もいないので、趣味に熱中していても虚しく感じることもあるでしょう。

話し相手がいない主婦はどんどんストレスが溜まる?

仕事や家族のことで充実しているなら、職場に話し相手がいなくて寂しくても、気にすることはありません。

しかし、ちょっとしたことで躓いたときに友達や本音を言い合えるような話し相手がいない場合ですと主婦は孤独感や寂しさを感じてしまい、そこで精神的に追い詰められていきます。

専業主婦で友達にも話せない事がある女性は多い

うつでなくてもそうした精神的に不安定なときには、電話占いでもラインやアプリで誰でも良いから話し相手を専業主婦も職場やパート先で見つけることです。

職場や家庭に話し相手がいない主婦は孤独感がすごい

他人に自分の気持ちを口に出して話すだけで、主婦の心は軽くなり精神も安定します。

こうした話し相手を見つけるとなると、最初から何でも深く話せる相手をいない場合に探そうとするかもしれません。

しかし、主婦にとって職場での話し相手を探しているときは、深く話せる相手を探す必要は全くありません。

最初の段階で相手に多くのことを求めてしまうと、探す相手のハードルが上がってしまいます。

これでは、話し相手探しが余計に難しくなります。

全てをさらけ出し何でも話せる相手は、専業主婦は職場で探そうとしてもすぐに見つかることは絶対にありませんの電話占いのほうがらくだと言う女性もいます。

まず最初に見つけるべき相手は、軽く世間話ができる相手です。

話し相手がいないと笑顔も少なくなってしまう?

最初は世間話しかしなかった相手から、段々と仲良くなり何でも話せる相手に友達になれることはよくあります。

話し相手を見つけたいなら、身構えるのではなく軽い気持ちで始めることがコツです。

軽い気持ちで始めたら、見つからなくても気持ちが軽くなります。

孤独感があって誰かに相談したい際にたとえ失敗しても、主婦はまた次の相手を探せば良いだけなので、深く考え過ぎず軽い気持ちで始めましょう。

とりあえず話し相手に愚痴を聞いて欲しいだけなら、職場の話し相手や愚痴聞きのサービスやアプリです。

主婦は相談する話し相手がいないといつか爆発する?

これらの電話占いのサービスでは、当たるかどうかはさておき料金を支払って見ず知らずの人が愚痴を聞いてくれたり、世間話に乗ってくれます。

話し相手や愚痴聞きのサービスは、主婦はインターネットで検索すれば、すぐに職場でも友達を見つけることができます。

料金は利用料だけで、それほど高くはありません。

10分で数百円程度ですし、ラインも無料通話ができるソフトを使えば電話を使わないので、通話料も節約することができます。

話し相手が欲しいのに作れないならアプリで見つける

孤独感を感じて、主婦が今すぐ誰かに話を聞いてもらいたいときには、電話占いを利用してみると良いでしょう。

ただし、愚痴聞きのサービスは相手もビジネスなので、友達の相手の対応に期待してはいけません。

こちらが一生懸命話しても、相手の反応が薄くて余計に寂しさを感じてしまうこともあるでしょう。

また、インターネットには同じようなサービスとして、ラインやライブチャットもあります。

しかし、ラインやライブチャットは基本的に男性が女性に話すパターンがほとんどなので、専業主婦の女性は利用しにくいです。

また、こちらも愚痴聞きサービスと同じくお金を払って話すビジネスなので、相手の反応が薄いこともあります。

本当に心から話せる相手を見つけたいなら、お金のかからないところで探さなければいけません。

心から話せる相手を見つけたい欲しい時には、積極的に外に出ましょう。

気を使ってしまって職場や家庭で話し相手がいない主婦

アプリで誰かに相談したいのは働いてみたりお稽古事を始めたりすれば、自然とその場所にいる人と話すことができます。

同僚や一緒のお稽古事をしている相手となら、共通の話題がいくらでもあるでしょう。

最初は挨拶から始めてお互いに共通する話題を話せば、自然と親しくなりもっと話せるようになります。

このときに注意したいのは、深く考えないことと急ぎすぎないことです。

話し相手を専業主婦が作ろうとしていると、焦ってしまいがちです。

しかし、友達は焦っても良いことはないので、マイペースでゆっくりと始めましょう。

話し相手がいないと精神的に疲れうつになりやすい?

大切なことは、専業主婦は深刻に考えず軽い気持ちで始めることです。

また、話せる相手がいなくて悩んでいる人は、深く考え消極的になりがちです。

消極的になっていては、こちらから話しかけることはできません。

いない場合は主婦は勇気を出して、ちょっとだけ積極的になりましょう。

電話占いでも最初の一歩さえ踏み出すことができれば、友達や話し相手がいない悩みは解決できます。

ママ友がいないから悩みを相談できる相手がいない

ずっと本音を話したり悩み事を相談できるようなママ友が欲しいのにできない主婦はかなり多くいます。

育児のことだけでなく、他愛もない話をしたり、たまには姑や旦那の愚痴も言い合えるような友達がいないで孤独なのです。

もちろん、顔見知りだったり幼稚園や小学校などの役員などをすることはあっても、親友と言えるような関係では無かったりするケースがほとんどです。

また共通の趣味やファッションだけでなく年齢なども差があったりすると、なかなかママ友になるには勇気が必要で踏み出せません。

LINEなど連絡先を交換しても、自分から話しかけたりできないのです。

子どものためにも頑張ってママ友を作ろうと思うのだけれど、気が付けば一人で孤独にになっていることで悩んでいる主婦がネットの掲示板などでも溢れています。

少なからず、親友でなくても何かあった時に連絡をし合えたり、情報をくれるような仲間がいると育児をこれからしていく上でも安心です。

大人になってまでそういった悩みを抱えるとは思っても居なかった女性がほとんどですが、これから先もママ友がいるといない場合とでは生活が大きく変わってくるでしょう。

40代で話し相手がいない親友がいない寂しい主婦

実は深刻になっているのが40代の主婦で、育児のことやママ友のこと、介護のことなどだけでなく夫や姑の介護の愚痴などの話ができる相手が一人もいないという寂しい主婦が増加しています。

学校の役員や町内会や自治会などで顔見知りはいたとしても、当たり障りのない内容の会話で本音を話ができる人がいないのです。

更に旦那も仕事から帰って来て、特に会話をしてくれるわけでもなく、下手をすれば子供以外で誰とも口を利かないなんてことは日常茶飯事です。

そうなってくるといくら家庭には満足していても孤独感や寂しさがでてきて、誰でもいいから話をできる相手が40代の主婦は欲しくなってきます。

結果的に30代半ばから50代の女性で出会い系サイトにハマってしまう方はかなり多くいます。

それだけでなく、誰もいない場合に一人の時間の寂しさを埋めるためにパチンコに行くようになってしまったり、暴飲暴食を繰り返してどんどん太ってしまっている女性もいるのです。

そういったネガティブな感情にならないようにするためには、やはり男性から見れば意味のない無駄話のように聞こえるかもしれませんが、世間話やガールズトークは女性にとって必要不可欠なのです。

50代の中高年の主婦で話し相手がほしい場合は?

女性は40代後半や50代になってくると更年期障害もあり、ホルモンバランス的にも情緒不安定になるケースが多くあります。

うつまでいかなくてもストレスで過食症になってしまったり、イライラが収まらなくなってしまうこともあるようです。

そんな50代の主婦は旦那が相手をしてくれなくなる場合には、話し相手が欲しいと寂しくなってしまいます。

いくら中高年とはいえ女性ですから、ドキドキしたり胸がキュンキュンするような刺激が欲しかったりします。

当然ながら、知らず知らずにスマホでSNSに新規登録をしてみたり、出会い系にハマってしまう孤独で寂しい40代や50代が多いのも仕方がないことなのかもしれません。

はじめは中高年は話し相手が欲しい時だったのにも関わらず、次第に本当に待ち合わせをしてしまったり、体の関係を持ってしまうこともあります。

これは40代の主婦の女性だけでなく寂しい男性も一緒で、嫁に相手にされないことで浮気をしても良い空気になってしまうのです。

最終的には話し相手だけでなく、寂しさを埋めてくれるセックスフレンドとなったりすることもあるようです。

そうなってしまう前に、今の気持ちを電話占いで打ち明けてみましょう。

LINEで話し相手が欲しい時に募集はできる?

はっきり言って、今の時代ではLINEは電話番号やメールアドレス以上の個人情報になりますので、いない場合には孤独感からあまり知らない相手とはIDをむやみやたらに交換したくない人はかなり多くいます。

ですから、いくら寂しいときに話し相手が欲しい時だからと言ってLINEで探してもなかなかすぐには見つけられないでしょう。

逆に、悪徳な商法やアフィリエイトなどに引っかかってしまって結果的に騙されてしまうこともありますので注意しましょう。

LINEで話し相手を募集することは無料でできますが、はっきり言ってデメリットもかなり多くあるのです。

もちろん、それは顔見知りでも同様です。

誰も話し相手がいないような女性は、もしLINEで既読スルーなどをされたら気になってストレスになってしまいます。

また主婦の場合はママ友などのグループチャットに登録してしまうことで携帯がひっきりなしになりっぱなしになってしまったり、今まで気にすることがなかったような必要のない情報まで入ってきてしまいます。

過去にはLINEでのいじめによる自殺が主婦の間でも起きています。

それを踏まえると、いくらLINEとは言え、話し相手が欲しいとしても危険が伴うことは忘れてはいけません。

このページの先頭へ