ヘッダー

返事が来ない、ありがとうや考えさせてはどっち?

しっかり心に届くセリフを考えて、魅力的な感動の言葉になりそうなタイミングを探ったりと、色々な準備を済ませた上でラインで告白をしたものの、はっきりとした返事をもらうことが出来ないことも、時にはあるかもしれません。

ありがとうや考えさせてなど、肯定と取っていいのか、否定と取っていいのか判断に困る返事が来ることもあれば、まったく返事が返ってこないこともありえるので、そうなったときの対処法についても念のため学んでおきましょう。

告白後にどうするかどうかは、意外と今後の生活に影響を与えます。

時には成功しそうだったのに、印象を悪くして結局振られてしまうこともあるので、プロポーズ後でも相手に良い印象をもたれつつ、これからも良い付き合いが出来るように、既読スルーでもアプローチの返事を待ちましょう。

返信が来ないからと言って答えを急かしてはいけません

アプローチしてからすぐにハイと返事されなければ、チャレンジには失敗したものと考えてしまう方もいるかもしれませんが、はっきりした返事がもらえなかったとしても、すぐにあきらめるのは早いです。

例えば考えさせてくださいといわれたときは、いわれたとおりに少し待っておけば、相手も落ち着いて結論を出して、ちゃんと回答を示してくれるはずです。

SNSで10代や20代前半の若者のお付き合い程度なら、割と早くに結論を出すことが多いですが、20代後半にはいると、結婚を視野に入れるようになるなど、好きな人への返事がそのまま人生の岐路に立ちかねないので、メールで告白を受ける側も慎重に判断するようになります。

そのため考える時間は必ず必要になるものと思って、変にあせらせる行動を取るなど、印象を悪くする言動を取らないように注意しましょう。

交際へのセリフを言ったものの、結局は好きな気持ちに応じてくれないこともときにはあるでしょうが、一回だけであきらめるべきかは、状況に応じて変わります。

ラインやメールで返信がないのはまだ迷っている証拠?

一度、メールでもLINEでも好きな気持ちを伝えた時点で、相手のことを意識するようになり、再度チャレンジしたときにOKをもらうこともあるので、どうしてもあきらめ切れないときは、相手の様子も見つつ、もう一度プロポーズするかどうか考えてみましょう。

再度トライするかどうかは、異性の相手を取り巻く環境も考慮しましょう。

一度目にお付き合いしたいとしたときに、好きな人がいたり、付き合っている人がいて断ったときは、既読スルーはしばらく経った後に振られたり、別れてしまったりと、何かしらの変化があった後に、再度LINEで告白することで、アプローチに応じてくれることもありえます。

相手も嫌だったら断りの返信をくれるはず

もちろん必ず上手くいくとは限りませんが、あきらめきれないのであれば、最後のチャンスとして挑戦してみてはいかがでしょうか。

好きな気持ちを打ち明けてもらった後に、好きな人への返事をはっきり言ってもらえないことはよくありますが、その際にどう行動するかでお使いへの結果は大きく変わります。

素敵なセリフに対しての返事が考えさせてだったときは、ちゃんと待ってあげることが何より重要なので、まずは気長に待ってください。

これから連絡や返事が来るかどうか占ってみましょう

気持ちを伝えて返事を待つ際は、決して相手をあせらせるようなことは避けてください。

すぐに返事を出してくれとせかしたり、告白した後に電話やメールやlineなどで返事を確認したり、第三者を巻き込んだりと、とにかく相手の周りを騒がせるようなことは避けましょう。

急に気持ちを言われて戸惑っているときに、いちいち返事を急がせると相手がいつまでも落ち着けないので、お互いに落ちついて状況が変化するのを待ちましょう。

告白の返事をすぐに言わない理由は、OKするか迷うだけでなく、上手に断る方法を考えているケースもあります。

迷っている気持ちや返信が来ない不安を解消する

チャレンジする前に良い友人関係だったりすると、既読スルーでアプローチを断った後に同じような付き合い方が出来なくなる方もいるので、それを避けたいために、はっきりと振ってくれないことは非常に多いです。

好きな気持ちを打ち明けた後は、返事を急かさないこともそうですが、今までと変わらない付き合いをすることも大切です。

仮に交際に応じなかったとしても、今までと変わらない付き合いが出来るということを、自分の行動で示すことで、相手も安心して好きな人への返事をすることが出来るでしょう。

このページの先頭へ