ヘッダー

親の介護に疲れた時やストレスが限界の時はどうしてる?

誰だって親の介護に疲れてしまうのは当然です。

親が老化してしまったように、その子供も老化しています。

最近の社会背景では以前のように結婚後も両親と暮らすというスタイルではなく、別居し核家族となっています。

さらに女性も働く時代となっただけでなく、少子化も問題となっています。

嫁が親の面倒を行うのが当たり前の時代ではなくなり、その子供が世話を行うというスタイルになりつつあります。

しかし、少子化によって一人っ子の場合もあり、一人に対する金銭面やサポートの負担が大きくなってしまう事もあります。

疲れたと思ってしまう原因は様々な要因が絡んでおり、何故、疲れたのか原因を究明する事が大切です。

仕事と面倒の両立は難しく、どちらか一方を重視する事は不可能です。

世話を行うには費用がかかり、その費用負担を補うには仕事を行う必要があるからです。

そこで必要なのは介護負担の軽減です。

今となっては普及されていますが介護保険の利用があります。

介護度によって受けられるサービスの回数が決まってしまいますが、デイサービスやショートステイなどを利用すると自分の自分の時間がとれケアから開放されます。

さらにヘルパーを導入する事によってオムツ交換や掃除などの負担も軽減できます。

ただ全てお任せするだけの点数はないため、サポートを行うに当たって何が一番負担なのか、何を手伝ってもらいたいのかを考えておく用意の必要があります。

困った顔

親の介護に疲れたらデイサービスも考えましょう

現在の待ちは数年と言われていますが、介護度によって順番が早まったり、いくつかの老人ホームを同時に申請している場合の人が殆どであるためキャンセルが相次ぎ、順番が回ってくる事があります。

親の介護を行うに当たって疲れるのは身体面だけではなく、精神面も大きく影響しています。

人間の脳は老化し認知症状を呈する事もあります。

今まで自分を育ててくれた親の認知症を目の当たりにして疲れてしまうこともあります。

また、認知症状は改善する事はなく、内服薬を服用したとしても進行を遅らせるだけで完治はしません。

そのような状態の親のサポートは非常に疲れます。

このまま認知症状が悪化し、子供の名前すら分からなくなってしまうのではないかという不安もあります。

そのような状態がいつまで続くのか先が見えない不安もあります。

今では認知症という言葉の普及に伴い、社会の理解もありますが、世間体で考えて負担に関してしまうこともあります。

そのため介護者が精神面を崩してしまうという話はよくあります。

互いに精神面の健康にも気を配る必要はあります。

特に精神面の影響で大きく疲れてしまった場合には、やはり老人ホームの申請がお勧めです。

順番が回ってくるまではショートステイを利用して世話から少し離れてみるのが効果的です。

ですが、面倒は思う通りに行く事は少なく、ショートステイやヘルパーの利用が有効的でも拒否されてしまえば諦めざるを得ません。

受けられるサービスはあるが、拒否され続け八方ふさがりとなり、精神面の負担を大きくしてしまいます。

そこで親の介護疲れの話を他者に聞いてもらうのも一つの手段です。

カウンセリングを親の介護に疲れたら受けましょう

介護サービスの中には家族の精神面の負担の軽減も含まれており、カウンセリングを利用してみたり、ケアマネージャーに話をしてみるのが有効的といえます。

親は、つい自分自身の子供にはわがままを言ってしまうもので、他者を行うよりも親の介護を行うほうが大変に感じてしまう事もあります。

親の介護はいずれは行わなければなりません。

また、自分自身もサポートされる立場にいずれはなります。

気持ちの折り合いをつけて親の介護に向き合わなければなりません。

2015年の日本の65歳以上の高齢者は3384万人にのぼり、総人口比は26.7%と過去最高を記録し、世界でも類を見ない超高齢者国家となっています。

そして今後も高齢化率は上昇し、現在の団塊ジュニアと呼ばれる世代が高齢者に至る2040年には高齢者の総人口率は36.1%にまで昇ると試算されています。

それに反して2014年度の合計特殊出生率は1.42と9年ぶりに減少し、女性が第一子を出生する平均年齢は30.6歳と晩産化が進んでいる状況です。

それに加えて女性のめまぐるしい社会進出や非正社員率の上昇からくる賃金格差、男女問わず、グルメ、ショッピング、旅行といったプライベート空間において「おひとりさま」なるブームが到来し、ますますの晩婚化が叫ばれています。

そうした現代のライフスタイルの変化に伴い新たな問題として生じたのが親の介護放棄です。

これまで家庭内において子が親の世話を行うということは至極当然のことでありましたが、核家族化や都市部集中移住、賃金の格差など若年・壮年者の生活環境が大きく変化していったなかで、親の面倒を十分に支えていくことができなくなっています。

長期の親の介護に疲れても放棄する事はできない

現在約600万人近い要介護者がいるとされているなか、2人に1人が介護放棄の現状にあるといった試算もあります。

そういった背景のなかで少し街中を歩けば有料老人ホームやサービス付高齢者住宅などがいたるところに建設されており、今後もしも親の世話が必要となった場合、こういった施設に入居させることで問題解決を図りやすくなりました。

以前と比べこのような施設への入居基準もずいぶんと緩和され、多大な待機時間もなく入居することが可能となっています。

しかし現状こういった施設内に眼を向けてみると入居後はすべてサービスは施設側に一任し、施設に預けきりといったことも多く見られます。

極端に面会や関わりが少ないため家族間のコミュニケーションが希薄となり、親の不信感や葛藤を生み、このことがますます両者を疎遠にさせていきます。

また物品の補充もままならず、十分なサービスを提供することができないといった事態も起きています。

その他にも親が認知症を罹患していることでどのように接したらいいかわからずに疎遠になっていくケースもあります。

訪問システムを親の介護に利用する

例えば脳梗塞などを引き起こしてしまった方のケースでは、半身が動かない状態に陥ってしまうことも多く、単に高齢化によって身体が不自由な状態になる方もいますが、交通事故などを含めて身体が不自由な状態になっている方、痴ほう症などを発症させてしまった方などの場合では、親の介護を行って、お子さんが面倒を見るという場面も増えていることが現状としてあることです。

親の介護は症状によって違いが生じており、要介護認定制度なども設けられているので、選択次第では上手に親の介護を継続させることも可能です。

例えば仕事をしているお子さんの場合では、日中は仕事を行ってその間の親の介護に関しては、ヘルパーや介護士、看護師など訪問システムで対応することも不可能ではありません。

この方法では一定の基準や審査がある場合や、費用がかかってしまうこともあり得ますが、お子さん本人の生活を守ることも大切になるので、利用できるシステムについては積極的にサービスを活用することがおすすめです。

他にもデイサービスという方法もあり、この内容では自宅から施設の間を送迎してもらうことができ、日中には介護施設などで生活を送る方法があります。

独身者が親の介護で人生が変わる?

会社員として勤務をしている方であれば、親の症状に合わせて帰宅することが求められてしまう場面もありますが、条件が整っている方であれば、効果的に利用できる方法です。

一方で親の介護を常時必要としており、有効なサービスを利用する立場にない方のケースでは、自宅で完全に介護を行うことを徹底している方も存在しています。

このケースではお子さんが仕事を辞めて介護に専念している場面も多々見られ、収入に関しては親の年金に頼っている方まで存在しています。

親の介護に関しては常に時間とお金の問題が付きまとうことでも知られており、金銭的余裕のある方の場合では、有料老人施設などに入所する方法で完全に介護全般を任せることも可能です。

そうではない方で資金面で苦慮している方のケースでは、やはり自宅での介護に限定されてしまうことが目立ちますが、できるだけ早い段階で将来を予測した行動をとることも非常に大切になり、元気な内に親子でお金の問題等についても話し合いを設けることも一つの解決策につながります。

現在では介護に便利なアイテムなども多数販売されていて、寝具類や入浴介護用品、排泄に役立つグッズや、食事に関するアイテム、寝たきりの方であっても外出可能な歩行関連のアイテムなども充実したものが発表されているので、症状に合わせたものを購入してみる方法でも、随分と負担を軽減させることができます。

自治体によっては相談できる窓口などを用意していることも多いので、不具合を感じてしまった場合では自己判断をせずに、専門家に相談することもおすすめです。

このページの先頭へ