ヘッダー

そもそもPTA役員の仕事をする必要性はあるのか?

子供が学校に入れば、ほとんどの親が加入することになる「PTA」、もともとは明治時代に学校ができたころから、学校教育を支援するために作られた「保護者の会」が元となってできたもので、戦後に今の形になっていったといわれています。

現在のPTA役員と言えば、運動会や学芸会で写真を撮って会誌に掲載したり、主催の行事を開催したり、地域のボランティアに参加したりとその仕事は実にバラエティに富んでいます。

最近では、親と教師が交流する場を設けているケースもあるようです。

役員はほとんどの場合会員同士の選挙で決まり、会長と副会長などが任期の間に順番に代わるものもあれば、任期の間固定のものもあるので、地域差も多く見られます。

さらに面白いのは、会員は基本的に学校の先生とその学校に子供を通学させている親ですが、地域によっては地域の住民が会員になっていたりします。

また、国立や私立の学校では、独自にPTA役員を組織していたり、「○○校保護者の会」と言った名称になっていることもあります。

特に、近年は国立学校の法人化(以前は文部科学省の管轄であった国立学校が、法人化され補助金も減らされているため教員の確保などに問題が生じている、など)により、PTA役員の支援が学校の存続に不可欠となっている学校もあります。

なお、生徒は会員ではなく支援対象で、そのため、親が会員ではなくてもその子供に支援を行わなかったり、あるいは差別や区別を行ったりするのは違法行為となっています。

困った顔

様々な催しや企画をしなくてはいけないPTA役員の仕事

さらに特異な例として、東京都杉並区にある杉並区立和田中学校があげられます。

和田中学校では2008年にPTAを廃止、保護者有志が作った「和田中学校地域本部」となっています。

その後も和田中学校は学校行事の他に地域の行事にも積極的に参加しており、ほかにも民間人の校長を採用するなど、様々な取り組みで話題を呼びました。

PTA役員では、前述のように行事の手伝いや実行をしているところが多いです。

運動会では「記録係」に変身し、カメラを持って写真屋さんと一緒にフィールドの中で写真を撮る光景はおなじみですし、PTA競技の開催をしているところもあり、地域住民や親同士、そして親と教師の交流を図っています。

また、ところによっては独自にテントを張って敬老席を用意したりと、地域によって様々な取り組みが行われています。

学芸会や合唱コンクールでは、PTA役員でコーラス隊を編成してコーラスを披露したり、劇をしたりと、表舞台にたつことも多くあるようです。

他にも、暗くなった会場内の誘導や会場の設営など、裏方としても子供たちの支援を行っています。

もちろん、会誌に写真を掲載することを主な目的として、写真を撮ることも忘れてはならない仕事となっているようです。

他にも、ところによっては校舎の周りの落ち葉掃きやゴミ拾い活動への参加、そしてPTA役員はお楽しみ会や昔遊び大会などの独自の活動をしているところもあり、こちらも地域によって、学校によってバラエティーに富んでいます。

アメリカでもPTA役員の仕事は大変な役割がある?

卒業式では、多くの場合会長や副会長、そして役員が式に参加することに加え、卒業記念品をPTA役員から贈呈(マグカップから症状の筒まで、こちらも実に様々です)したり、逆に卒業生から感謝の言葉を受けたりと大忙しです。

ちなみに、多くの場合は子供が卒業しても任期が残っている場合は役員は任期満了まで続けることになります。

一方、アメリカに目を向けると、PTA役員は地域や州の間で協力して、中長期的に支援を行う組織となっていて、過去に給食の実施やスクールバスの安全確保、テレビの年齢制限など様々で、日本とはまた違ったものとなっています。

日本との決定的な違いは、日本のように「少人数(=役員)に多くの仕事を押し付ける」のではなく、「参加したい人が参加する、自分でできる範囲で参加する」というものだ、ということです。

日本のように半強制的に参加するのではなく、アメリカでは毎年その年も活動に参加するのか尋ねられ、それによって「今年もできる範囲で活動に参加する」という意思表示になっています。

また保護者によってはシーズンごとに支援活動をする保護者も多く、たとえば読書指導や作文の添削、そしてスポーツのコーチや学区域内の交通整理など、それぞれが自分の得意分野を生かせる活動をすることが特徴となっています。

毎年全米から数万も寄せられる候補の中からテーマを決めて実施する芸術コンテスト「リフレクションズ」を開催しており、各学校で選ばれた作品は学区、州と進み、全米PTAで受賞した作品はワシントンの教育省で展示されます。

アメリカの他にも外国のPTAでは日本とは違った様々な活動が行われています。

一方で、日本では近年、会費の流用や無理な寄付が強要されていた、など、多くの問題が発生しており、マスコミでも大きな話題となるとともに、問題視されています。

これを機に、PTA役員について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

PTA役員の仕事でストレスが溜まりイライラする

PTA役員を決める前からストレスを感じ胃が痛くなる保護者の方も多い反面、やりたい保護者の方がおられるのも現実です。

仮にうまくいっても失敗してもすべての人々から感謝されることはなく、批判を受けることの方が多くなり真面目な方にはたいへんなふたんです。

上手く逃れることができれば一番健康のため良いことです。

ぜひ、やりたい保護者を、おだてて、持ち上げて、子供たちのためにPTA役員を引き受けてもらえるよう仕向けていくことが最善の方法です。

危うきは近寄らずです。

順番でPTA役員が回ってきたときは仕方がありませんが、部長、副部長は避けるべきです。

ストレスを感じる人にとっては、周りからあれこれいわれることに負担を感じますから、役付は避けたほうが無難です。

役がほしい保護者の方といっしょにさせてもらうとか、経験者と立候補するとか裏工作を必ずし、自分はお手伝いの立場になっておくことです。

何をしても、成功しても批評されるからです。

そして、計画を立てても好意的に協力してくれることは期待しないほうが無難です。

絶対にやりたくなくてもPTA役員の仕事は回ってくる

PTAの役員をやるならひとりでやる覚悟が必要ですが、他の親との連絡を密にとっていかないと、聞いていない、連絡がない、相談がないなど、仕事はしないが口は出されるという悪循環になります。

それに加え、威張った態度や失礼な言動もチェックされていますから、まるで営業マンのように周りに気を使ってしゃべらねばなりません。

どうしてもやらなければならないのであれば人のことや噂話の罠にはまらないよう十分気を付けてください。

噂は大きくなりいつの間にか自分もPTA役員の輪の中に入っているようにおもわれます。

我関せずの態度を貫き、すきをみせないようにします。

隙を見せると、仕事を頼まれ断れなくなり、できない仕事も頼まれるようになります。

できないことははっきりとお断りする勇気を持ち、自分はできるんだという態度を見せないようにします。

何もしないとPTA役員は文句を言われるかもしれませんが、馬鹿利口になって、第三者的に離れてみていたほうが楽ですし面白いところに気が付きます。

人間を観察することができます。

人を馬鹿にするような人とはPTA役員でも付き合わなくてもよいのです。

実際にPTA役員のトラブルや揉め事は頻繁に起きる

PTAの役員をしていくうえでトラブルは必ずあります。

そのために体調を壊したり家族に迷惑をかけたり仕事に穴をあけたり、そして子どものためにしているPTAの活動であるにもかかわらず子供にとばっちりを与えてしまうことにもなりかねません。

この生活習慣が変わることが一番のトラブルです。

その原因としてPTAは一人ではなく数人の選ばれた人からなるもので、その中に一人でも意見が合わない人がいると最悪に状態になります。

歩調を合わせていかねばならず、会長、学校関係との連絡や情報交換をしていく過程でどうしても不平不満が出てくるのが人間というもので、PTA間で怪訝な関係になると攻撃の的となります。

噂話や裏話などには口を突っ込まないようにくれぐれも注意することが鉄則です、その輪の中にいることで、言ってていなくても行ったように思われるからです。

学校の中の情報やクラスの情報が知りやすくなり、うれしくなる気持ちはわかりますが、批判的な感想などには絶対に相打ちをうっては今後の自分の印象を悪くするだけです。

そうするとPTA役員との関係がぎくしゃくします。

はなしにのってこないひととおもわれおもしろくないのです。

やっかいなPTAですが進んでやりたい人もいます。

ぜひ、そのような人に立候補してもらい、おだててやってもらうことが一番の逃げ道ですやりたい人は、何年でも部所をかわり役についてくださいます。

喧嘩や仲間外れなどもPTA役員には起きることも

PTAの活動をすることで学校内部がよくわかり子供の状態も分かるからですが、わかったからと言って改善する力はありません。

先生方とは親しくなれ少し得意な気持ちになれ優越感を持つことができます。

その特権のためにやりたい人がいますからおだてて引き受けてもらうことは、お互いのために良い方法です。

次に、PTAの仕事を頼まれると厄介です。

真面目な人はしなければならないという気持ちが重くなりまさにPTA活動が負担になります。

成功しても失敗してもどっちにしても批評がありあれこれ言われます。

リーダー的な人の意にそぐわねば、仕事を手伝わない、何もしてくれないと中傷されます。

これは、まさに苦しい立場に置かれることになりますから、そこそこお付き合い程度の仕事で許してもらえるように自分の雰囲気を作っていくことが大事です。

仕事を持っていようが、小さな子供がいようが、介護しなくてはいけない老人がいようが、関係なくやってきますが、そこで、無理をして引き受けるとまた一層苦しくなりますから、できないことははっきりと断る勇気が大切です。

PTA役員なのに全然動かない働かない人

日頃からできるそぶりを見せてはいけません。

しなくてはいけないのだ、とか、してあげたいとかいう気持ちがあるのならほかの役員の協力なしでも仕事をする覚悟を持たねばなりません。

そうでなければ今一番大切なことは何かを選択し、馬鹿利口になっている方が、精神的に穏やかに過ごせます。

最後に、PTAで頑張ったからと言って子供が喜ぶということはありません。

帰ってはずかしいと思ったり,鼻タカになったりします。

そして子どものためにしているはずのPTAなのですが、トラブルに巻き込まれてイライラしたり、不愉快になったりすることが子供への悪影響になることもあり、注意する必要があります。

子供が穏やかに過ごせるよう役員でなくてもたくさんあります。

まず、自分の子供がよりよくなることを考える事です。

保護者同士の付き合いや周りの関係者との関係は強いものにはなりませんがそのぶんトラブルに関係することも少なくなります。

役員であっても、今に日本の学校では改善する力はありません。

まして自分の子供が通っているのですから、よけいです。

生き生きと楽しませてあげるには親がおちついていなければなりません。

立候補したら損をする?PTA役員の順番

PTA役員とは幼稚園から高校まで子供が在籍していると必ず一年という単位で誰か在籍児童や生徒の親を選出して学校に関わる行事や運営について教師とともに連携を図って教育向上に目指さなければならないという戦後からの慣習としてあります。

そもそもPTA役員とはどのように選出されるかというと、各学校や教育団体によって選出方法が異なります。

PTA役員は数名選出される事がほとんどで、会長、副会長、書記、会計、広報などの係が与えられます。

立候補したい親は選出の際に立候補する事も可能ですが、ほぼ一年無給でボランティアで務めなければならず、立候補したい人は今のご時世少ないでしょう。

立候補を募った上で該当者がいない場合には誰か推薦をしたり、投票するケースもあります。

簡易的な選出方法に人数が少ない場合にはじゃんけんやくじ引き、子供が在籍している間は必ず1回は役員になる事が義務付けられている所もあり、交替制を取っている所もあります。

自分の住んでいる地域が必ず1回は担当しなければならない場合には上の子供の時に早い段階で立候補して下の子在籍中には免除されるというケースもあり、計算して立候補している人も中にはいます。

PTA役員に立候補して得なことはある?

PTA役員になるについて免除される場合はあるかというと、これも各教育機関で決まりが異なっています。

病気になったり妊娠した等の継続するにあたって難しい場合には初めからその年の対象者にははずれる場合はありますが、翌年には対象者に成り得ます。

暗黙の了解で年少や小学一年生など新入生の親は免除で高学年や上級生の方が学校の色々な事を知っている事もあり、対象となる事もあります。

また、学校にほとんど知り合いがいない人は推薦するといっても他の保護者をよく知らない事もあり、名簿から想像して投票するという所もあります。

不公平さはなくなりますが、いったい誰に投票したのか顔も知らない人に投票する事はよくある話です。

小学校に上がる頃になると、「専業主婦」と「働く兼業主婦」との対立もよく話題にはなりますが、基本的には働いていようが働いていなくてもPTA選出の対象者には変わりはありません。

中には心優しい専業主婦の方が受け持ってくれる事もありますが、基本的には家庭の事情は兼業主婦でもシングルマザーでもみんな選出の上では公平であるとされます。

働く人も順番で係や役員をやるべき?

働く人にとっては平日の昼間に学校や園に赴く事もしばしばある為、わざわざ休みを調整してまでPTAの仕事を行わなければならず、毎年多くの人が仕事との両立に悩んでいます。

もちろん、女性の親だけでなく、男性でもなれますが、仕事していても両立できるかは難しい部分があります。

しかし、たまには旦那さんと交替でPTAの仕事をするという方法で1年乗り切ってみる夫婦もいます。

PTAの仕事や選出方法にマイナスイメージを持つ人も多いですが、選出して実際に担当してみるとメリットも多くあります。

まずは学校や園との接点が増える為、顔見知りの保護者の方が多くなります。

ママ友が欲しい人は積極的にPTAに立候補して仕事をしてみても仕事以外に対人関係も広がって良いでしょう。

また、学校や園の先生とも親しくなれる事も嬉しいでしょう。

会合などで意見を述べる場合には学校や園任せにならずに自分も一緒に子供たちが通いやすい教育機関に変えていっている風通しの良い学校であると実感が沸きます。

また、子供が小さい時ほどPTAの方の関わりは大きく、行事にも大きく介入する事もあります。

お泊まり保育や運動会まで多くの運営の企画や補助、引率まで行い、我が子子の成長を行事に参加する事で垣間見ることが出来る点は親としても嬉しいでしょう。

会長や副会長だけでなく会計もpta役員は大変

幼稚園・保育園で保護者の協力を得るのは保護者会、小学校以上はpta役員を選出して行きます。

園での保護者会は子供の様子を見れるという気持ちもあり、快く引き受けてくれる方もいますし、兄弟つながりで長年お付き合いある方は、園長先生じきじきに依頼される場合もあります。

そういうお母さん方のつながりも強く、和気藹々とした雰囲気が園の中では感じることが多いのですが、小学校以上になると子供1人につき、一度は引き受けねばならないという強制的なところもあります。

時代と共に子供が減ってきているのは確かで、昔なら“やりたい人がやれば良い”で済んでいたものが、そうは行かなくなりました。

母子家庭、父子家庭、介護、仕事が休めないなど引き受けられない諸事情もあり、なんとか小学校・中学校とも、すり抜けられている人はいるようです。

小学校以降も園同様、お母さん同士で快く引き受けてくれる方もいますし、特にpta本部役員は1度なってしまうと適任と見なされ、翌年以降も声が掛かり、断りきれずそのまま継続される方もいます。

この経験者がいることはpta活動の中で、有意義な集まりとなるか、労力がかかる度合いが変わってきます。

まずよく聞く体験談として、『1度はやらなくてはならないから引き受けた』もののpta会議に出席しない方が結構いらっしゃいます。

何らかのお手伝いをして頂くために運動会、授業参観など子供が参加する日のお手伝いを割り振り、ようやくそこで参加してもらう程度です。

大変な仕事をpta役員で押しつけられないようにするには

会議の無断欠席が多いと更に行きづらくなるので休みの連絡は必ずpta役員では必要です。

お子さんの急病などもあるので、そういった場合は仕方ないことです。

仕事をしながらでも、休みを取って参加している方、休めない場合はこの時間までと予め伝えておいて参加しましょう。

また最初の委員長選出は重要です。

やってもいいと申し出る人がいる役員会に所属できれば、無駄な時間を浪費せず今後の会議をスムーズに進められるでしょう。

または委員長が全てを1人で引き受けてしまわず、副委員長やその他の係にうまく振り分けができると、皆さんがそれぞれの責任を果たし、出席率のよいpta会議になります。

やはり委員長は誰でも良いわけではなく、適任でないと折角集まったのにダラダラと時間ばかり経過し、効率の悪い会議になりやすいです。

パソコンが得意な方がいる事も重要です。

仕事よりも人間関係がとにかく面倒臭いpta役員

生徒さんへ配布する資料作り、地域の方、業者、校長・副校長先生の許可を取り、校正を重ねていき、児童数分または家庭数分の印刷に取り掛かります。

量が多いので印刷機を使いますが、その扱い方、段取りも慣れていないと配布まで時間を要します。

家事と同じで、pta役員さんも要領のよさ、気配りが必要です。

出席するけれども、何をお手伝いをしていいかわからないと、居心地の悪い場になってしまいますので、率先して何をするべきか聞いたり、得意なところでの作業や知恵を出し合う姿勢が大切です。

時にやり方の相違で意見が食い違うことがあったり、自分だけ仕事を引き受けさせられたりと気分を害することがないわけではありません。

楽しく活動が終えられるかは、その年のメンバーと自分の頑張り次第です。

pta役員には本部の他に、学年成人委員、保健委員、選考委員(次年度の選出)、広報委員、校外委員などがあります。

それらの仕事は皆、子供たちが安心して通えるための組織です。

学校の理解も深まりますし、小学校以降は保護者との交流も疎遠になりがちなので、これを機会に地域のこと、学校内での様子を知ることもでき、最終的に子供のことを知ることにもなるのです。

どの時期が忙しい年になるかを見極めて、せめて学校在籍中の1回は、快く引き受けたいものです。

本当に面倒臭い仕事しかないPTA役員の役割とは

ストレスをかかえてまで人に合わす必要もなく、かといってPTA役員が相手をどうにかしてあげようと思っても無理なことですから。

その中で気の合う人と出会えればラッキーと思い、人に期待してはうらぎられます。

それでも、難癖つけてくる理解できない保護者が最近は多いと聞きます。

そのような時は思い切って反論したほうがなめられずに済みます。

その場合、初めからの態度が重要です。

できるという態度を見せていると、やらされますから、PTA役員は反論ではできないことを貫き、そのような人とは関わりを持たないように心掛けましょう。

本気になっては自分が馬鹿を見るだけです。

あとで反省することになりこれがいっそうのストレスになるのです。

傷つきたくなければお客さんが楽でいいのです。

感情の起伏が大きいとストレスも大きくなりますから、PTA役員は自分で感情をコントロールすることをいつも心がけ、役員会があるときや行事など特にハイテンションにならぬよう、きをつけます。

期間は一年間です終わりがあるのですから、いつまでも役員がつづくわけではありません、自分の健康を一番に考え、その健康がなければ自分の子供のためのPTAになりません。

反対に子供に悪い影響を与えることになれば、何のための役なのかわからなくなります。

いつも機嫌の良い親であることが子供にっとってはしあわせなのです。

子供がかわいければ、子供たちが穏やかに過ごせるよう、PTA役員の仕事は第二に考える方が、お互いに落ち着いて学校生活が送れるのです。

このページの先頭へ